<< 妊娠に関するデータなどについて | HOME | 晴明神社の御火焚祭り >>
 女性ホルモンについて
 女性ホルモンとは女性の2次性徴、生殖機能を支配する
ステロイドホルモンの総称をいい、
卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)

 エストロン、エストラジオール、エストリオールなどがあり
エストラジオールが最も生物活性が高い。
子宮内膜の増殖、子宮筋の発育、乳腺管の増殖の作用。
間脳ー下垂体に作用して月経周期を整える。

 黄体ホルモン(ゲスターゲン)

 子宮内膜を分泌期内膜へと変化させ、着床の準備を整える。
妊娠の維持作用、体温上昇作用、乳腺の発育作用。
プロゲステロンと同様な作用を有する化合物を総称して
黄体ホルモンと呼ぶ。

また、脳下垂体の前葉からFSHとLHが放出されており

卵胞刺激ホルモン(FSH)は、
性腺刺激ホルモンの一つで卵胞の発育の中心となるホルモン。

黄体化ホルモン(LH)は、
成熟した卵胞に作用し排卵を起こさせ、さらに黄体化を促し
黄体を形成します。

分泌の制御は視床下部(上位中枢)と下位の標的器官(卵巣)の
ホルモンの二重支配になっている。
月経や妊娠について理解するためには女性ホルモンを知る必要が
あります。
まずはこの4つのホルモンがあることを覚えておいてください。


| 生殖医療 | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode