<< 独り言 | HOME | 感染症大全 >>
 よく眠れますか?

睡眠の役割は脳の疲労回復です。

 

脳は大きく大脳、脳幹に分かれ大脳は知覚、思考、運動などの人間の高度な活動を司ります。

睡眠時には起きている時によく使った部分の活動が低下します。

 

脳幹は呼吸、心臓の動きなどの生命維持の活動を司ります。

 

寝る時間はゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時の間に熟睡できると脳細胞の新陳代謝が促されて認知症の予防になるといわれています。

是非、早寝早起きを実践していただきたいものです。

 

また寝つきをよくするためには体の内部の温度を下げる必要があります。

夜間の運動、例えば仕事帰りにジムで運動すると脳が覚醒してよくありません。

遅い時間の夕食も内臓の動きが活発になりますので寝る3時間前には食事は済ませましょう。

寝酒は寝つきをよくしますが全体的に睡眠の質を下げます。お酒を飲んで寝るといびきがひどくなった経験はありませんか?

お部屋が明るいとメラトニンという眠気を誘うホルモンが低下しますので暗くしましょう。

 

睡眠が少ないと昼間に眠くなりますが15〜20分の仮眠であれば昼寝で疲れを回復させましょう。

仮眠前にコーヒーや緑茶を飲むとカフェインが眠気を抑えて目覚めやすくなります。

カフェインは効果が出るまでに30分ほどかかるので短めの昼寝からスッキリ目覚めるのにおすすめです。

 

| 美容と健康 | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode