<< 原田神社の秋祭り | HOME | 食事療法 >>
 十二国記 新刊

『白銀の墟(おか)玄(くろ)の月』

          小野不由美

 

十二国記がこの世に出てなかったらその後の異世界ファンタジー作品は生まれなかった。

本当にそう思える作品です。

NHKアニメでご覧になった方も多いかも。

この世界には十二の国があり、その王は伝説の神獣、麒麟が選びます。

最終章は簒奪された戴国を救うべく、に戴の麒麟である泰麒と李斎が失踪した王を探す旅に出たところから始まります。

全4巻で残りの2巻は11月9日に発売。

1,2巻はまだ王の行方は依然として知れず。

死んだとも思えないし。まだ白雉は落ちたとは書かれていないなら希望はあるでしょう。

すごいページ数なのに小野先生、引っ張ってくれます。

昨日も患者さんと話をしていて、巨人の星の星飛雄馬が大リーグボールを構えてから投げるまでの引っ張り方です。

後半はスピーディーにいってほしいですね。

小野先生はホラー作品でも人気ですが、ホラーは苦手。

『営繕かるかや怪異譚』は怖くなくておすすめです。

 

| 舞台・芸術 | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode