<< ぎっくり腰 | HOME | 10月の休診日のおしらせ >>
 関節リウマチ

『シリーズ専門医に聞く

「新しい治療とクスリ」関節リウマチ』

山本一彦・尾形道夫 論創社

 

鍼灸院での来院者数が結構あるのがリウマチの患者さんです。

関節破壊の進行や痛みをとるのにお灸が有効ですが、

リウマチの疑いがあれば受診を勧め早期発見に努めています。

昔と違い近年良い薬が開発され関節破壊や変形を防ぐことができるんです。

発症してからの2年間の治療はその予後に大きく関わりますので出来るだけ早く病院にかかってください。

リウマチ科、内科、整形外科にいきましょう。

 

この本には関節リウマチとはどのような病気かその治療法としての薬について大変詳しく書かれています。

リウマチ薬は高価です。それぞれいくらかかるかも記されています。

病気は本来は自分で治すもの。

病気や薬の知識は持っておくべきでしょう。

 

あとがきに慢性炎症が原因のひとつであり、タバコは肺に慢性炎症を起こし歯周病も慢性炎症の疾患なのでリウマチになるリスクが上がるとか。

怖いですね。

私も歯周ポケットを小さくすべく日々丁寧に歯ブラシをかけています。

 

一つのものをたべてとか脚をもんだだけとかはいけませんよ!

安易な報道や本、情報に惑わされないでください。

 

 

 

| 東洋医学 | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode