アニメ「織田シナモン信長」

アニメは日本の文化ですよね!

気楽に観れるので好きです。

「織田シナモン信長」はわんこに転生した戦国武将がたくさんでてきます。

織田信長は柴犬。

武田信玄と上杉謙信がなぜか川中島さんのお宅の前で立ち止まったりとか

歴史要素も盛り込み、いろんなワンちゃんになっているが楽しい。

明智光秀はリスで飼い主が光秀の生まれ変わりかと思えるほど似ている美青年。

ここでは光秀はイケメン設定です。

歴史と動物好きにおすすめの楽しいアニメです。

| 舞台・芸術 | - | -
 宝塚歌劇花組公演 「マスカレードホテル」

東野圭吾原作のミュージカル「マスカレードホテル」を観てきました!

ミステリー小説が好きなもので大体の東野圭吾作品は読んでいますが、もう一度図書館で借りておさらいしました。

主演は瀬戸かずやさん、相手役は朝月希和さん。

瀬戸さんのスーツ姿がザ・男役って感じでかっこいい。

最後にちょっとショーがついていてダンスがステキなのでもっとダンスが観たかったかも。

ストーリーは少し変えてあり能勢刑事が若い兄ちゃんにでお笑い担当になってました。

ホテル内でストーリーが展開するので舞台にするには難しいところですが、役者さんの頑張りであまり気になりません。

チケットを取って頂けて感謝ですね。

雪組主演コンビもいらしてた。

ジェンヌさんみんなスリムで顔が小さい!

横を通過されたので、ちょっと得した気分です。

| 舞台・芸術 | - | -
 宝塚歌劇宙組公演

武庫川から宝塚大劇場をパチリ!

お友達が宙組トップさんのファンでチケットを取ってくださいました。

15時開演なのでまずはランチ。

宝塚南口にあるうなぎやさんへ。

「うな智」

宝塚市南口2−14−3

0797-73-1510

国産の鰻専門店で炭火焼き、皮はカリカリで本当に!美味しくって感激!!

写真は令和御膳です。

うなぎは半身ですが女性ならこれで十分。

観劇前にちょっと贅沢してテンションアップです。

時間があるからお茶をしましょう!ということで

ZUCCAROCHINO TAKARAZUKAさんへ。

イタリアンのお店。

かわいいカプチーノが飲めるんですよ〜

ねこさんでお願いしました。

ううっ、きゃわいい。。。

お友達は「今回の公演にちなんで〜」なんてむちゃぶりを。

どなたのファンですか?と聞かれたのでゆりかちゃん♡

良かったねえ。

周りのは惑星で宙組っぽくですね。

 

今回のお芝居もショーもとても良かったです。

真風さまかっこいいわあ。

スペインにはハポン(日本)という姓をもつ人がいます。

そのルーツとなるお話。

伊達政宗の護衛剣士である主人公が使節団として訪れたスペインで

奴隷となっていた日本人を助け、力を貸してくれたスペイン女性との恋物語。

 

ショーではいいお席だったので若手の綺麗な男役さんと客性降りでグラスをカチン!と

贅沢なひとときでした。

| 舞台・芸術 | - | -
 十二国記新刊を読破しました!

まだ読み終えていない人も多いのでネタバレはできませんが。。。

登場人物と漢字が難しすぎる。

あれ?この人は?どういった経歴の人だったっけ?また読み直さないと把握しきれません。

後半は仲間が亡くなっていきます。

騎獣も主人を守り死んでいく。

希望がみえたら落とされ、ついつい先が知りたくて一気に読み切りました。

戴国のお話は想像通りのエンディングなのですが、

それぞれの後日譚を短編で書かれないかな?

私の妄想は始まっているのですが・・・

 

小野不由美先生、長編大作お疲れ様でした!

十二国記はもうアニメにはならないかな〜

| 舞台・芸術 | - | -
 十二国記 新刊

『白銀の墟(おか)玄(くろ)の月』

          小野不由美

 

十二国記がこの世に出てなかったらその後の異世界ファンタジー作品は生まれなかった。

本当にそう思える作品です。

NHKアニメでご覧になった方も多いかも。

この世界には十二の国があり、その王は伝説の神獣、麒麟が選びます。

最終章は簒奪された戴国を救うべく、に戴の麒麟である泰麒と李斎が失踪した王を探す旅に出たところから始まります。

全4巻で残りの2巻は11月9日に発売。

1,2巻はまだ王の行方は依然として知れず。

死んだとも思えないし。まだ白雉は落ちたとは書かれていないなら希望はあるでしょう。

すごいページ数なのに小野先生、引っ張ってくれます。

昨日も患者さんと話をしていて、巨人の星の星飛雄馬が大リーグボールを構えてから投げるまでの引っ張り方です。

後半はスピーディーにいってほしいですね。

小野先生はホラー作品でも人気ですが、ホラーは苦手。

『営繕かるかや怪異譚』は怖くなくておすすめです。

 

| 舞台・芸術 | - | -
 フラメンコ

昨日は大橋由美フラメンコ教室発表会を観てきました!

生ギターの奏者が二人、カンテ(歌手)男性と女性、ゲストにスペインのスパニッシュダンサー(イケメン)と本格的で超豪華!!

スペインのアンダルシアのタブラオにいるような?

アンダルシアにタブラオがあるのかは知らないけれど。。。マッチの歌に「アンダルシアにあこがれて〜」というのがありましたね。

堂本光一や今井翼がかっこよく踊っていたけれど、ああいう綺麗系の踊りではなくてもっとソウルフルなのね。

生徒さんも趣味でとは言えないようなはまりっぷり。

命かけてるんだろうな〜

帽子や扇、ステッキを使うのは上級クラスの人たちなのかな?

一曲も長いし振りを覚えるだけでもすごいことかも!

最後に大橋先生とスペイン男性のデュオがすごくって!情熱的というよりなんか降りてらっしゃる。

発表会というより舞台でした。

いや〜舞台っていいですねえ。。。

| 舞台・芸術 | - | -
 チェ・ゲバラ 宝塚歌劇団月組公演

チェ・ゲバラは名前だけは知っていました。

主演 轟悠

なので深い芝居になるだろうと期待はふくらみます。

盟友、カストロとともに政権を獲得するもキューバは独立をアメリカに阻まれ、ソ連に頼ることになります。

大きなものに支配されていては独立とはいえず、キューバの民衆には幸せは訪れない。

ソ連と手を組むしかなかったカストロと別れ、

エルネスト・ゲバラは真の独立のために命をかけて戦い続けるも

最後は捕虜となり銃殺されます。

ゲバラは死んでもゲバラの思想は生き続ける。

Wikipediaで調べたら50年ほど前に亡くなってるんですね。

来日した時に広島にも来ていて

「なぜ、日本は原爆を落とされたのにアメリカを追及しないのか?」と。

他国の土地を奪い人を殺してまで富を得て勝者は正義をふりかざすそんな相手に絶対に屈しない強い男。

チェ・ゲバラは負けない男でした。

カストロは風間柚乃が熱演。

風間さんは芝居も歌もうまくこれからが楽しみです。

チェというのはダチ(友達)という意味。

名前はエルネストでチェはサインするときに使った愛称のようなもの。

彼の象徴でしょうか?

ゲバラのように名誉や地位にこだわらず人が自由であるために戦う人間って素敵です。

一見、地味にみえる戦争ものですが平和について考えさせられる名作でした。

 

 

 

 

 

 

| 舞台・芸術 | - | -
 大貫妙子アコースティック・コンサート

八が岳高原音楽堂では4回目のコンサートだそう。

やっぱりアコースティックはいいですね〜

今回はギターの小倉博和さんも参加。ギターがないとできない曲もあるらしくラッキー。

自然の中で天井もたかくて音響もよかったです。

こじんまりとしたところで聴けるなんて最高です!

いい感じでしょう?

お席は抽選でした。後ろの方でしたが、サイドで一段高くなっているのでよく見えました!

懐かしい曲もちらほら。

終演後、パネさんと小倉さんのアルバムを購入してサインを頂きました!

しばらくこればっかり聴いてそうです。

八が岳高原と大貫さんの曲はとっても合っていてよかったなあ。。。

| 舞台・芸術 | - | -
 空蝉

『空蝉』山田義帰 著  麻布書院

 

現役の医師でありアガスティアの葉に深くかかわっている山田義帰先生の小説が出版されました。

幸せで平凡な暮らしをしていた主婦が1才8カ月で娘を失う。

自分の風邪が原因でインフルエンザ脳症になったと追い詰め自殺未遂、その後退行催眠により過去生を知ることで救われていく。

その心の旅路にいつ平安が訪れるのかハラハラしながら読みました。

自分が完全に忘れている苦しい過去を思い出すことは果たしていいことなのか?

でも、乗り越えるためには必要なのかもしれません。

私は過去生を知ったからって話のネタくらいに思っていましたが退行催眠でそういうビジョンが見れるのならと興味深く感じました。

本書で修道女時代に院長が

「過去は思い出として残るけれどそれはワクワクすることではない。」

「未来はまだ現実として存在しない。倖せはあくまで現在、実感として感じるものなの。」

脈々と続いてきた人との繋がりを大切に今を生きることを知る良書です。

 

| 舞台・芸術 | - | -
 オーシャンズ11

宝塚歌劇宙組公演を観てきました!

 

まずはお友達と開演前にランチを。

南口の「魚どん然」さんの海鮮丼。

小鉢、みそ汁、サラダに国産のお魚がたくさん!

デザートの桃のジュレがおいしかった。

もちろんお魚もおいしいですよ〜

お昼の1時過ぎだったのでちょっと待てば入れました。

板さん、店員さんの手際もよく感じ良いです。

 

再演もので人気のオーシャンズ11。

宝塚はチケットが取りにくいのに、SS席2列目でした。

いいお席すぎて申し訳ないくらい。

スターさんの長〜い脚が銀橋にそびえ立つ!迫力でした。

真風さま、かっこよすぎます。

宝塚は群舞が素晴らしいですね。

初舞台生のお披露目もあり感動的でした。

和希そらくんのダンスがキレキレで好きだなあ。

観に行く楽しみができました。

| 舞台・芸術 | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode